事務所のこと        ごあいさつ        ICFの考え方
 

ホーム > 福祉への取り組み

​福祉が充実するということ

それは 

介護 と 医療

そして

法律が手を携えることだと考えます

​そしてここで法律は

3つの役割を果たすべきと考えます

 

権利や財産を守ること 

現場の労働環境を守ること

施設の適正かつ健全な運営に寄与すること

​サービスを手厚くし、保護を万全にすることで一時的には問題は解決するのかもしれません。

ですが、サービスを必要とする方が増えるほど、サービスを提供してくれる方の「労働」の力が必要です。

「労働」とは「人」の意思によるものに他なりません。人から強いられる義務ではなく、「人」としての権利です。

そして、そのサービスと「労働」力を結びつける環境

3つが正しく、前向きに揃うことが大事なのだと考えています。